自由行動OK、でも連絡は取れるように 外国人観光客ツアーの新指針

有料記事

高橋豪
[PR]

 訪日外国人観光客(インバウンド)について、観光庁は2日、添乗員を伴わないパッケージツアーを7日から受け入れるのを前に、旅行会社向けのガイドラインを公表した。

 国内の旅行会社に対し、ツアー客といつでも確実に連絡が取れる体制を取るよう求める内容だ。旅行会社はツアーの販売時にこうした内容を客に説明し、同意を得ることとしている。

 具体的には、旅行会社は、ツアー客の入国後に連絡を取り、マスク着用など新型コロナウイルス感染対策を呼びかける。客が体調を崩した場合や、陽性者が出た場合に対応できるようにする。携帯電話やメール、SNSなど連絡方法は問わないとしている。

 パッケージツアーは、観光客…

この記事は有料記事です。残り172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。