公明・石井幹事長「自由意思を妨げるような寄付の勧誘は対策を」

公明

[PR]

公明党石井啓一幹事長(発言録)

 (世界平和統一家庭連合〈旧統一教会〉をめぐり指摘されている宗教法人への寄付の問題で)重要なのは、本人の自由意思で行われたかどうか。自発的な意思で行われたかどうかということが重要だ。例えば、「先祖の霊からたたられますよ」とか、不安や恐怖心を与えたり、マインドコントロールをしたり、本人の自由意思を妨げるような悪質な寄付の勧誘はしっかり対策をとることが重要だ。ただ、本人の自由意思というのを、数値で上限をかけるというのはちょっと難しいのではないかと思う。(NHKの討論番組で)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません