独自

広告大手大広から1400万円 元理事、五輪スポンサー獲得で便宜か

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックをめぐる汚職事件で、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=が、広告大手「大広」(大阪市)が大会スポンサーの獲得業務の一部を担う協力店に選ばれるように働きかけた疑いがあることが、関係者への取材で分かった。大広から元理事の知人のコンサルタント会社には計約1400万円が支払われたという。

 東京地検特捜部は高橋元理事への賄賂にあたる可能性があるとみて、大広の担当者から事情を聴くなどして捜査。スポンサー選定をめぐる紳士服大手「AOKIホールディングス」、出版大手「KADOKAWA」の問題に続き、新たな疑惑が浮上した。

大広社長、具体的には「申し上げられない」

 組織委は広告最大手「電通」…

この記事は有料記事です。残り603文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。