200円で迎え入れたウルトラマン 半年後に知った4歳児と父と慈愛

有料記事

若松真平
【A Scene】傷だらけのウルトラマン~息子が「連れて帰る」と言ったわけ~〈本編は記事後半にあります〉=諫山卓弥、西田堅一撮影
[PR]

 しろつさん(45)を初めて取材したのは3月上旬。

 岩手県花巻市在住で、大のウルトラマン好きだ。

 聞かせてもらったのは、ひとり息子・はるたくん(4)とのエピソード。

 家族でリサイクルショップに立ち寄った際、はるたくんがウルトラマンの人形を見つけたときのことだ。

 ソフトビニール製で表面の塗装がはげており、値札には税込み200円と書かれていた。

 しろつさんも気づいていたが、何とも思わずスルーしていた。

 はるた君に「帰ろうか」と声をかけると、そのウルトラマンを「連れて帰りたい」という。

 「ボロボロだけどいいの?」と尋ねたら、こんな答えが返ってきた。

 「だって、このウルトラマンはたくさん戦って、みんなを守ってケガだらけなんだよ。かわいそうだから連れて帰る」

 自分は見て見ぬふりをして通り過ぎた人形に、そんな思いを抱いていたのか。

 うれしくて目の前がにじみ、買って帰ることにした。

 自宅に着くと、はるたくんは大事そうにウルトラマンの体をなでていた。

 しばらくしたら横に寝かせて、体にばんそうこうを貼って「治療」が始まった。

 自分の布団で一緒に眠る姿が可愛かった――。

 そんな話を聞かせてもらい、書いた記事だった。

半年後に自宅を訪ねて

 それから約半年が経った8月下旬。しろつさんの自宅を訪ねた。

 約束の3時間ほど前に新幹線の最寄り駅に到着し、昼食を食べていた時に、しろつさんからLINEでメッセージが届いた。

 「予定通りですか?」

 すでに到着していると返すと、返信があった。

 「いま車に乗ってるんで拾いに行きますよ。ぜひ一緒に寄ってもらいたい場所があるんです」

 向かった先で見せてもらった…

この記事は有料記事です。残り2271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント