3年前の高校生からの手紙 人生変えたレコード、思いもよらぬ恩返し

有料記事

若松真平
[PR]

 名古屋の新栄町駅近くにある「ラジオデイズ・レコード」。

 5年前に店主の山田祐二さん(60)がひとりで始めた中古レコード店だ。

 週末は開店直後から音楽好きでにぎわい、それぞれが思い思いにレコードを「掘る」姿が見られる。

 3年前の11月1日、高校生くらいの男の子が祖父とともに来店した。

 平日の昼間なのに、学校はどうしたんだろう?

 そんなことを思いながらも、山田さんは「おっ、若い子が来るなんてうれしいね」と声をかけた。

 彼はやはり高校生で、はるばる金沢から祖父の車でやってきたという。

 好みを尋ねたら、少し照れながら「ジャズが好きなんです」と言った。

 ベースが好きだというので、それならばと入荷したてのLPレコードを勧めた。

 サム・ジョーンズの「ザ・ソウル・ソサエティ」だ。

 シティポップにも興味があるというので、山下達郎の「FOR YOU」も引っ張り出してきた。

 話をしたのは20分ほどだったと思う。

 彼は25枚、約8千円分のレコードを購入した。

 帰り際に「必ずまた来ます」と言い残して。

3年後に届いた手紙

 今年7月上旬、ラジオデイズ・レコードに簡易書留の封筒が届いた。

 「こわれもの」のシールが貼られていて、中には手紙も入っている。

 筆圧の弱い、たどたどしい字で「2019年11月1日に金沢から訪れた、当時高校生だったものです」とあった。

 あぁ、あの時の高校生か。

 そう思いながら読み進めると、驚くべき内容が書かれていた。

    ◇

 買った20枚以上のレコード…

この記事は有料記事です。残り3196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント