第13回選挙で話題にならない美ら海のサンゴ 地元ダイバーが気付いた異変

有料記事

小川詩織
[PR]

 白い砂浜に、透き通った海。色とりどりの魚が泳ぎ、サンゴが広がる――。

 沖縄本島から西へ40キロほどにある慶留間島(げるまじま)(沖縄県座間味村)。ダイビングショップを営む大村真俊さん(68)のそばには、いつも美しい海があった。

連載「基地とくらしのはざまで 沖縄知事選」一覧

本土と異なる歴史を歩んだ沖縄が日本に復帰して半世紀。人々は、いまの沖縄に、これからの未来に、何を思うのでしょうか。9月11日に投開票される知事選を前に、沖縄を尋ね歩きます。

 島の人口は60人ほど。生活排水の影響が少なく、周辺の約30の島々でなる慶良間(けらま)諸島の海は「ケラマブルー」と呼ばれるダイビングの「聖地」だ。2014年には国立公園に指定された。

 慶留間で生まれ育った大村さん。家は浜辺まで徒歩1分で、幼いころから夏は素潜りや釣りをして遊んだ。

 高校進学や就職のため那覇市に移り住んだが、「やっぱり海のそばにいたかったから」と25歳で故郷に戻った。村役場で働き、1993年からダイビングショップを営む。

 異変を感じたのは90年代後…

この記事は有料記事です。残り823文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載基地とくらしのはざまで 沖縄知事選(全17回)

この連載の一覧を見る