「出席したいが、国葬より議会優先」、半旗掲揚の考え 埼玉県知事

国葬

[PR]

 安倍晋三元首相の国葬(9月27日)について、埼玉県の大野元裕知事は6日の定例会見で出席するかを問われ「国から通知がまだ来ていないが、通知があった場合は出席したいと考えている。仮に議会中ならば、国葬より議会を優先することになる」と述べた。

 国葬については「国民の意見は二分されていると感じている。国費を投じて実施するものとして、国が国民に丁寧に説明し、理解を求める必要がある」との考えを示した。

 県の対応についても「通知が届いてから検討する」と述べた一方、2020年の中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬と同様に、半旗を掲揚する考えを示した。市町村や教育委員会などに協力を要請したり、県職員に黙禱(もくとう)を求めたりすることは現時点で考えていないという。