吉田茂氏の国葬、野党から内諾 乏しい法的根拠ゆえに合意形成に努力

有料記事国葬

横山翼 安倍龍太郎 白見はる菜
[PR]

 佐藤栄作元首相の国葬を見送ったのは、法的根拠を欠いていたことに加え、立法府の一角を担う野党が反対するなか内閣法制局が「三権の了承が必要」との見解を示したためだった。その8年前、吉田茂元首相の国葬を実施する際は、野党を説得して内諾を得ていた。幅広い合意形成が求められる国葬をめぐり、共通するのは野党への配慮だ。岸田政権の判断と大きく異なる。

 記事の末尾には、平野貞夫元参院議員とのやりとりの一問一答があります。

 平野貞夫元参院議員は朝日新聞に対して、戦後初となる吉田氏の国葬を決める過程についても証言した。当時は、園田直衆院副議長の秘書だった。

「イエスともノーとも言わず」に黙認

 吉田氏が亡くなったのは1967年10月20日。平野氏は外遊中だった佐藤氏から、園田氏への電話を取り次いだ。電話口から漏れ聞こえる佐藤氏の声は興奮気味で「国葬にしたい。超法規的措置でしかできない」と繰り返していたという。

 伊藤博文元首相や山本五十六

この記事は有料記事です。残り2129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年9月8日9時11分 投稿
    【視点】

    時々の内閣が吉田茂元首相の国葬(首相経験者に対して戦後初)に踏み切り、佐藤栄作元首相の国葬を見送った当時、衆院事務局で副議長や議長の秘書だった平野氏の重い証言です。共通するのは、事前に国会に根回しをしていることです。戦後の国葬のあり方がなか