10人死亡のカナダ刺傷事件、逃走していた容疑者を拘束

ニューヨーク=遠田寛生
[PR]

 カナダ中部サスカチワン州で10人が刺殺された事件で、カナダ警察は7日、逃亡していたマイルズ・サンダーソン容疑者を拘束したと発表した。容疑者はその後病院で死亡したという。

 容疑者は現地時間同日午後3時半ごろ、最初の事件現場から南西に100キロほど離れた同州の街、ロスサーンで身柄を確保された。

 事件は4日、先住民が暮らす「ジェームズ・スミス・クリー・ネーション」地区などを中心に13カ所で起きた。容疑者は2人の兄弟で、兄のダミエン・サンダーソン容疑者は5日に死亡が確認されている。

 マイルズ容疑者確保に伴い、警察はサスカチワン州などで出していた緊急警報を解除した。

 動機は依然不明だが、2人には第1級殺人などの容疑がかかっている。AP通信などは被害者遺族らの話として、薬物が絡んでいる可能性を伝えている。(ニューヨーク=遠田寛生)