• アピタル

尾身氏「政府と専門家に距離ある」 8波は「インフルと同時流行も」

新型コロナウイルス

枝松佑樹
[PR]

 政府が療養期間の短縮など「ウィズコロナ」政策を相次いで打ち出したことを受け、専門家でつくる「基本的対処方針分科会」の尾身茂会長は8日、「社会を回すために納得している」と一定の理解を示しながらも、政府が専門家の意見を十分には聴かなかったとして「(政府との)関係に少し距離感が出てきた、というのは多くの専門家の感覚だ」と明かした。

 この日の基本的対処方針分科会で、政府は全数把握の簡略化、療養期間の短縮、無症状者の最低限の外出などのウィズコロナ政策を専門家らに諮り、了承された。

 尾身氏は終了後に記者団の取材に応じ、「療養期間を短縮すれば(人に感染させる)リスクが残ることについて、国が市民に明確なメッセージを出してほしい」と注文をつけた。

 さらに、政府は社会的要請に応えるために「急いでいた」と指摘。ウィズコロナを進めることによるリスクや感染状況への影響について、専門家が十分に議論する時間がなかったとして「政府と専門家のコミュニケーションが、前に比べて希薄になった」と述べた。

 一方、今冬は、コロナとインフルエンザの同時流行が予想されるとした。「感染レベルが下がっているこの時期に、『第8波』にそなえ、対策について議論するべきだ」とした。(枝松佑樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]