黒田総裁「首相から指示はなかった」 岸田首相と円安などめぐり会談

有料記事

戸田政考
[PR]

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁が9日午前、首相官邸で岸田文雄首相と会談した。会談後、報道陣の取材に応じた黒田氏によると、このところ急速に進んだ円安などについて話し合った。ただ「(首相から)特別な指示や要望はなかった」という。

 黒田氏によると、為替相場の動向に加え、内外の経済情勢を首相に説明したという。黒田氏は報道陣に「1日に為替が2円も3円も動くというのは急激な変化。急激な変動は企業の経営方針を不安定にし、将来の不確実性を高めてしまうという意味で好ましくない。為替市場の動向は十分、今後とも注視して参りたい」と急速な円安の動きを牽制(けんせい)した。

 会談は午前11時半ごろ始ま…

この記事は有料記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。