広がる「赤じゅうたん」 サンゴ草が見ごろ 北海道・網走

日吉健吾
[PR]

 北海道網走市の能取(のとろ)湖畔で、サンゴ草(アッケシソウ)が赤く色づき、見ごろを迎えている。一年草で塩分を含んだ湿地に生える。

 オホーツク海から吹き抜ける秋風の中、観光客らは「赤いじゅうたん」の上の木道を歩いたり、写真撮影をしたりして楽しんでいた。

 地元の卯原内(うばらない)観光協会によると、約4ヘクタールの群生地は国内最大級。今年は8月下旬から色づき始め、今後の天候にもよるが今月いっぱいは楽しめるという。(日吉健吾)