森喜朗元首相、五輪汚職めぐる質問に答えず 地元・石川を訪問

有料記事

山田健悟
【動画】森喜朗・元首相が、「愛弟子」である馳浩・石川県知事を訪ねた=山田健悟撮影
[PR]

 東京五輪パラリンピック汚職事件をめぐり、東京地検特捜部から参考人として事情聴取を受けた森喜朗・元首相が9日、石川県庁を訪れた。朝日新聞が「聴取」を報じた当日とあってか、多くの報道陣が集まり、それに関する質問が相次いだが、答えることのないまま県庁を後にした。

 森氏は、午前10時すぎに県議会庁舎に到着。傍聴席から県議会を見学した。師弟関係にあたる馳浩知事の答弁や自身の秘書だった下沢佳充(よしたか)県議の代表質問に立つ姿を眺めていた。正午前に知事室へ移動し、馳知事らと懇談した。

知事室で森氏見た県議「泣いてしまった」

 今回の知事室訪問は、森氏に…

この記事は有料記事です。残り590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。