「ガラスの地下室」で悩んでる? 50代会社員を諦めないためには

有料記事

聞き手・真鍋弘樹
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 人生半ば、不惑を過ぎても思い惑うことは多い。そう感じている50代の会社員は少なくないだろう。「働かないおじさん」と揶揄(やゆ)する言葉が気になるものの、中高年の働き方は日本社会にとって極めて大切な課題を示している。このテーマについて詳しい識者2人に話を聞いた。(聞き手・真鍋弘樹

やる気はあるが、ハードな仕事は……

 50代男性の働き方は、なぜ社会にとって重要なのか。「中高年男性の働き方の未来」を出版した日本総合研究所創発戦略センタースペシャリストの小島明子さん(46)の視点とは。

 ――50代会社員の働き方に注目が集まっています。

 「中高年男性について研究をするようになったきっかけは、10年ほど前の女性活躍をテーマにした調査でした。同時に男性管理職を対象にしたところ、こちらの方に大きな反響があり、社会や企業が強い関心を持っていることが分かったのです。業績がよくても、中高年社員に希望退職をうながす企業は増えています。一方で、若手と一緒に活躍して欲しいと考えている企業も少なくありません」

 ――この問題は社会にとって、どんな意味があると思いますか。

 「中高年男性たちは、キャリ…

この記事は有料記事です。残り1974文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません