国を追い越す東京都 太陽光パネル義務化、電気代高騰でメリット増

有料記事

編集委員・石井徹
[PR]

 戸建て住宅を含む新築建物への太陽光パネルの設置義務化を、東京都が2025年4月に始める。国が見送った政策だが、自治体が先導し、温室効果ガス削減を加速させる。

 国は、2050年の脱炭素に向けて30年度の温室効果ガス46%削減(13年度比)と、電源構成の再生可能エネルギー比率36~38%を目指している。実現するには、排出量の3分の1を占める住宅など建物関連の排出削減が欠かせない。東京都内は、建物関連の排出が約7割もある。

 国土交通省経済産業省環境省の検討会は昨年8月、30年に新築戸建て住宅の6割に太陽光発電設置を目指すとした。設置義務化も選択肢の一つとされたが、各省の調整がつかずに見送られた経緯がある。

 都が目指す新築建物への太陽…

この記事は有料記事です。残り1327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント