女王に会ったことあるのでは? 知らずに尋ねた米国人に女王は

有料記事エリザベス女王

ロンドン=金成隆一
[PR]

 ユーモアのセンスが評判だった英国の故エリザベス女王。女王の護衛隊員を務めた男性が、ユーモアあふれる女王のエピソードを、英メディアに披露した。男性はリチャード・グリフィンさん。警護で女王の散歩に同行したときの逸話を、こう振り返った。

 女王が北部スコットランドのバルモラル城の近くを歩いていた時、2人の米国人ハイカーとすれ違った。普段はめったに他人と会わない道なのに。

 女王は誰かに会えば、立ち止まってあいさつするようにしていた。この日も同じように立ち話になった。

 米国人は、目の前の人が女王であることに気づかない様子。そのまま雑談が続いたという。

 この辺りに住んでいるんですか、と尋ねた米国人に対し、女王は答えた。

 「普段はロンドンに住んでいますけど、この近くに別荘があるんです」

 この場所を訪れるようになって、どれくらい経つのか、と重ねて聞く米国人に対し、女王が再び答える。

 「子どものころからだから…

この記事は有料記事です。残り416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。