第1回27歳の娘は米国で命を奪われた 「仮釈放は間違い」でも謝罪なし

有料記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 浅山あゆみさんは、友人の阿部華子さん(当時27)からの連絡を待っていた。

 2020年の大みそか、米サンフランシスコの中心街ソーマ地区。IT企業で勤める若者らが住む高層マンションが並ぶ一角は、夕暮れどきを迎えていた。

 「チーズケーキを作って持っていくね」

 華子さんは前日、そうメッセージを送ってくれた。浅山さんは電話で「年越しそばを買ったから、持っていく」と伝えていた。

 二人は2年ほど前、知人の紹介でこの街で出会った。月に一度は会うほどの仲良しだったが、コロナの感染拡大がひどかったこの年は、ほとんど会えずにいた。だから、この日はせめて食べ物を交換をしようと、華子さんのアパートの下で待ち合わせることになっていた。

 午後5時すぎ、浅山さんは到着を知らせるメッセージを送った。いつもは返事がすぐ来るのに、30分ほど待っても返事がなかった。近くに多くのパトカーが見えたが、いつも見かける光景で、特に気にかけなかった。

 「もう遅いから帰るね」。浅山さんはそうメッセージを送って、その場を離れた。

 その頃すでに、アパートから歩いて3分ほどの交差点で、華子さんは事件に巻き込まれていた。チーズケーキに使うチーズを買いに出たところだった。

【連載】 娘の命を奪ったのは アメリカを動かした事件の記録

華子さんが亡くなった事件の背景をたどると、ある検事の存在と、米国が抱える刑事司法の問題が浮かびました。一人の日本人女性の死が社会を動かしていきます。全3回の連載です。

 サンフランシスコ警察による…

この記事は有料記事です。残り2475文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2022年9月28日17時52分 投稿
    【視点】

     地元サンフランシスコのメディアもこの悲惨な事故(事件?)に注目し、チェサブ―ディン地方検事に対する批判が強烈だった。警察組合会長も「犯罪者ファースト、被害者が二の次という、検事のアジェンダが浮き彫りになった」と非難している。  ブーデ

連載娘の命を奪ったのは アメリカを動かした事件の記録(全3回)

この連載の一覧を見る