ジュニアゴルフの長澤さんらに山梨スポーツ記者会賞

佐藤靖
[PR]

 スポーツの分野で活躍した県内の個人・団体に贈られる2022年の山梨スポーツ記者会賞の受賞者が決まった。新型コロナウイルスの影響で表彰式の開催は見送られ、受賞者へのトロフィーなどは郵送される。

 個人の部は身延町の中学3年長澤愛羅さん(14)と、山梨学院大4年の斎藤京香さん(22)の2人が選ばれた。

 長澤さんは埼玉県で8月に開かれた日本ジュニアゴルフ選手権競技(女子12~14歳の部)で優勝した。

 斎藤さんはブラジルで5月にあった聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック競技大会」の競泳女子100メートルバタフライで金メダルを獲得した。

 長澤さんは「これからも夢に向かって、大好きなゴルフが出来ることの幸せを感じながら日々成長できるよう頑張ります」、斎藤さんは「これからも日々精進できるように引き続き頑張っていきます」とそれぞれコメントを寄せた。

 団体では、今年1月のバレーボール全日本高校選手権で県勢として初優勝を果たした日本航空高校の男子バレー部が選ばれた。月岡裕二監督は「今後とも、皆さまの期待に沿えますよう、より一層邁進(まいしん)していきたい」との談話を出した。(佐藤靖)