在留資格のない外国人の数で「誤解与えた」 NHK「国際報道」謝罪

有料記事

中沢絢乃、伊藤宏樹
[PR]

 NHKは、8月31日にBS1と総合テレビで放送した「国際報道2022」で、入管行政の課題を報じた内容が「視聴者に誤解を与える伝え方をした」として、今月12日の放送で謝罪した。内容に対して、外国人支援に取り組む団体などから抗議を受けていた。

 8月31日の放送では、出入国在留管理庁への取材を中心に、送還や医療の課題を紹介した。在留資格を失った外国人数について、2021年の人数が5年前と比較して2万人ほど増えた、と伝えた。また、在留資格のない外国人を送還する際の入管の対応について「人道上の理由から、基本、身体拘束するなどして強制的に退去を強いることはない」と説明した。

 この内容について、12日の…

この記事は有料記事です。残り570文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!