JR東海社長と静岡県知事、折り合えず リニアめぐる2年ぶりの会談

有料記事

床並浩一
[PR]

 未着工のリニア中央新幹線静岡工区をめぐり、静岡県川勝平太知事とJR東海の金子慎社長が約2年ぶりに顔を合わせたトップ会談。事態打開につながるか注目されたが、大井川の水資源確保や南アルプスの自然環境保全を懸念する知事が着工に理解を求める社長側に歩み寄る姿勢に乏しく、両者の主張は平行線をたどった。

 「着手に理解と協力をお願いしたが、具体的なコメントをもらえなかった」

 非公開で行われた会談は静岡工区(8・9キロ)の着工などをめぐり、1時間を超えて意見が交わされたが、折り合うことはなく、退席した金子社長は厳しい表情を崩さなかった。

 JRが県に「トップ会談で直…

この記事は有料記事です。残り1469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!