室町時代の戦国大名といえば武田信玄? 小6向け宿題をめぐり議論に

有料記事

池田拓哉
[PR]

 室町時代の後半、山梨に登場した有力な戦国大名は誰?―― この夏、山梨県内の小学6年生向けに配られた宿題の社会科教材に示された設問が、専門家も巻き込んで話題となっている。「答えは武田信玄」と思ったあなた、ファイナルアンサーですか。

 郷土の歴史を学ぶ一環で、3択の設問があった。

 「室町時代の後半は、戦国時代ともよばれ、山梨にも有力な戦国大名が登場しました。それは、誰でしょうか」

 ①武田勝(かつより)

 ②武田信虎(のぶとら)

 ③武田信玄

 教材は「夏休みの友」という表題の冊子。現役教職員らでつくる民間の教育研究機関「山梨県教育研究所」が編集に関わり、県内の公立小学校の児童らに配布されている。答えは③の武田信玄という想定で出題された。

「炎上間違いなし?」「難問」「好みの問題」相次ぐ意見

 ところが、この出題を巡り…

この記事は有料記事です。残り1153文字有料会員になると続きをお読みいただけます。