KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日午後、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」の会長・角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。事件はKADOKAWAトップの逮捕にまで発展した。

 KADOKAWAルートで特捜部は6日、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)を受託収賄容疑で再逮捕し、KADOKAWA側は元専務・芳原世幸(としゆき)(64)と元五輪担当室長・馬庭教二(63)の両容疑者を贈賄容疑で逮捕した。特捜部は同日、角川会長の自宅も家宅捜索していた。

 芳原元専務と馬庭元室長は、高橋元理事と元理事の知人でコンサルタント会社「コモンズ2」代表の深見和政容疑者(73)=受託収賄容疑で逮捕=に対し、スポンサー選定で便宜を図ってほしいと依頼。そのうえで2019年9月~21年1月、9回で計約6900万円の賄賂をコモンズ2に振り込んだ疑いが持たれている。

 特捜部はその後の捜査で、角…

この記事は有料記事です。残り433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年9月14日17時10分 投稿
    【提案】

    このニュースを知って『森喜朗氏胸像建立で募金集め「偉大な功績顕彰」』をあらためて思い出しました。本当に待ちきれません。ワクワクします。 さてその前に、五輪汚職疑惑がここまできてしまったら森喜朗氏は元組織委会長としてすぐに記者会見をする