その一言で息子が起きた スープ作家有賀薫さんを生んだ朝の出来事

有料記事

[PR]

記事の後半でレシピをご覧いただけます。

 ある朝の小さな出来事から、有賀薫さん(58)はスープ作りを始めました。

 11年前の12月、クリスマスの翌朝。冷蔵庫を開けると、ごちそうに使い忘れていたマッシュルームがあり、タマネギと炒めスープにしました。味見をしたら、とても良い味。

 「おいしいスープができたよ」。高校3年の息子に声をかけました。大学受験を控え、朝が弱くなかなか起きられなかったのに、この朝はその一言でふっと起きてきたのです。

 ちょっと驚いて、次の日もス…

この記事は有料記事です。残り1189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!