第6回国葬賛成、なぜ若者に多いのか 反対多数の高齢者と対照的なのは

有料記事国葬

聞き手・小村田義之
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 安倍晋三元首相の国葬への賛否が割れるなか、世論調査で目立つのが、若者の「賛成」の強さです。高齢者は「反対」が強いのとは対照的ですが、いったいなぜか。「元防大女子」「元安倍首相番記者」の経歴を持ち、若者から高齢者まで幅広く取材するライターの松田小牧さんに聞いてみました。

インタビューシリーズ「国葬を考える」

安倍晋三元首相の国葬をめぐり、世論の賛否が割れています。首相経験者としては1967年の吉田茂氏以来戦後2例目となる今回の国葬をどう考えたらいいのでしょうか。様々な角度から有識者らに聞きました。

 ――今回の国葬をどう思いますか。

 「私は基本的には国葬に賛成です。その理由としては、やはり安倍さんの外交・防衛の実績を評価しているからです」

外交・防衛の実績、長期ビジョンを評価

 ――松田さんは防衛大学校を卒業し、「元防大女子」を名乗っていますね。

 「防衛大学校を卒業した後、時事通信で2016年から1年間、安倍晋三首相の番記者を務めました。自衛隊は離れましたが、『自衛隊員の立場を明確にすべきだ』という気持ちは、今もあります。国を変えようとしたのが安倍さんだったと思う」

 「国家安全保障会議(NSC)や安保法、自由で開かれたインド太平洋、日米豪印(QUAD)など外交・防衛の実績はある。安保法は支持率が間違いなく下がるとわかっていたのに、中国の大国化を念頭に断行したのは、長期ビジョンを持つ安倍さんだからこそ、と思います」

 「ただ、国葬への反対も理解できます。外交・防衛にあまり関心がなければ、アベノミクスは志半ばで、生活が苦しい人は多い。国葬に予算を投じるより『少しでもお金をまわして』と思うのは自然な気持ちでしょう」

 「すべての政治的な判断に法的根拠が必要とは思いませんが、政治判断と法律の間の『溝』を埋めるのが国会です。岸田政権が国葬実施を決めるに当たって国会を軽視したのは、やはり問題があったと思います」

 ――安倍さんは保守派と若者の支持が高い政治家でしたが、国葬への賛否でもそれが出ていますね。

 「注目しているのは、若者に…

この記事は有料記事です。残り2667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2022年9月25日14時27分 投稿
    【視点】

     若い人達は、安倍氏国葬に賛成が多い、と言われていましたが、最近の世論調査やアンケート調査などを見ていると、そうも言えなくなってきました。確かに、今も中高年よりは賛同する割合は多いのですが、20代でも賛成より反対する人の方が多くなって、全世

  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2022年9月25日8時59分 投稿
    【視点】

    松田小牧さんと、コメントされている たかまつなな さんがおっしゃる「首相といったら安倍さん」という印象から、国葬の問題を考えてみることは大切だと思います。(記事とコメントを見るに、その印象はポジティブと理解しています) というのも、人

連載国葬を考える(全20回)

この連載の一覧を見る