あの夜、迎えに来なかった父へ 約束の全日本吹奏楽コンでサックスを

有料記事

加治隼人
[PR]

 ホールの客席に父の姿はなかった。

 8月20日、熊本市で開かれた九州吹奏楽コンクール。奄美大島鹿児島県)の名瀬中学校(名中(なちゅう))は大会最少の13人で舞台に立った。サックス担当の三原千音(かずね)君(2年)は父・秀樹さんを思った。

 「今ここにいるのは、父のお陰かもしれない」

 12分間の本番は折り返し、自由曲「ドラゴンの年」が始まる。先生が指揮の手を振ると、スネアドラムの鋭いリズムが曲間の静寂を打ち破った――。

 吹奏楽は昨年、中学に入って始めた。五つ上の兄の影響だ。全国大会常連の高校でフルートのソロを堂々と披露する姿に憧れた。

 そのときは鹿児島市の街中の中学に通っていたが、その後、「名中で音楽がしたい」と思うようになったのには別の理由があった。

 小学生の頃、車の中でよく流れていた曲がある。

 1977年の課題曲C「ディスコ・キッド」。

 ハンドルを握る父は「中学生のとき全国大会で吹いたんだ」と、少し得意げに言った。吹奏楽の甲子園と呼ばれる「普門館」。奄美出身の父は当時、名中の吹奏楽部員として、その舞台に立ったらしい。

 「本当に普門館に行ったの?」と、最初は信じられない気もしたが、父は長年、教師として吹奏楽の指導に携わっていた。千音という名前も、「音楽に長く向き合ってほしい」という願いからと聞いていた。

 吹部(すいぶ)に入れと言われたことはない。ただ、中学に上がった兄が入部を迷っていた頃、話の流れで「千音も吹いてみて」と愛用のフルートを渡された記憶がある。

 今思えば、父は自分にも吹部に入ってほしかったのかもしれない。

かつて普門館の舞台に立った父と、背中を追うように吹部に入った息子。しかし、島での日々は一転します。6月の夜のことでした。記事後半には、演奏に励む千音君の動画もあります。

 昨年の春、父は名中の校長になり奄美へ単身赴任した。そのとき、「名中の吹部に入るか」と聞いてきた。冗談だったかもしれないが、どんなところかは気になっていた。

 転機は、数カ月後の夏のコンクール県大会だった。

 父の誘いもあり、名中の演奏…

この記事は有料記事です。残り2723文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。