中国軍の測量艦、鹿児島沖の領海に侵入 防衛省が確認

[PR]

 防衛省は15日、中国海軍の測量艦1隻が同日朝に鹿児島県周辺の接続水域から領海に侵入したことを確認したと発表した。中国側には外交ルートで懸念を伝えた。中国艦艇による領海侵入の公表は7回目で、測量艦による領海侵入の公表は4回目。

 発表によると、測量艦は15日午前3時半ごろ、種子島の南南東の接続水域を西に進み、同7時20分ごろに屋久島の南の領海に入った。同10時50分ごろに口永良部島の西の領海から出て、西に抜けたという。海上自衛隊護衛艦哨戒機が警戒監視に当たった。中国海軍の測量艦による同海域の領海侵入は今年に入り4月、7月と相次いでいる。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント