16歳の僕は、ウクライナの少女に恋をした 留学、結婚、そして戦争

有料記事

小宮山亮磨
[PR]

 1メートル四方もない小さなテーブルに、ウクライナ料理がずらりと並んだ。

 ポテトとチーズが入った団子と、キャベツや豆のサラダ。豚肉を乗せたポテトに手作りのパン、そしてボルシチ――。

 8月のある夜。東京都内のアパートの一室で、教育系のベンチャー企業を経営する前田智大さん(26)は「メッチャおいしい。レストランが開けますよ」と笑顔を見せた。

 料理は、ウクライナ人の妻オレーナ・フェドニュクさん(27)の母ターニャさんが手作りした。

 若い夫婦が暮らすアパートはいま、もう一人、妹ソフィアさん(12)を入れた4人で夕食を囲むのが日課になっている。

 ターニャさんとソフィアさんは、ウクライナから日本に避難中。現在、近くのマンスリーマンションで暮らす。

 2人を日本に呼び寄せることになった前田さんとオレーナさんの恋は、16歳で始まった。

ダンス披露、「パーティーの主役」に

 2012年7月。

 灘高(兵庫県)の2年生だった前田さんは、国際生物学五輪の日本代表としてシンガポールにいた。

 59カ国の高校生234人が、生物学の知識や実験技能を競う。

 オレーナさんは、ウクライナの代表だった。

 大会初日。宿舎の受付に並んでいたとき、初めて言葉を交わした。

 中高と男子校の前田さんは、どぎまぎしてうまくしゃべれなかった。

 大会は8日間。合間には、みんなで大学を訪ねたり、動物園や水族館へ遊びに行ったりした。

 各国の代表が出し物をするパーティーもあった。

 日本チームはそろいの青い法被姿。前田さんは得意のブレイクダンスを披露し、日本チームの一人によると、「その夜の主役」を奪った。

 オレーナさんは「日本チームが一番クールだった」。声をかけて、一緒に写真を撮った。

 大会終了前日。表彰式に続いて開かれたダンスパーティーのあと、芝生に並んで座り、好きな音楽について語り合った。

 前田さんが好きなのはロック。オレーナさんは「ハウス系」のダンス音楽。

 「面白いくらい、話が合わなかった」(前田さん)が、2人の距離はぐっと縮まった。

 やがて、オレーナさんが「疲れた」と言って、前田さんの肩に頭を乗せた。

「嫌われたかも」

 そして――。

 次の日、前田さんは顔を合わ…

この記事は有料記事です。残り2104文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント