「王の記録破っちゃえ」 目をかけてくれたノムさん、村上宗隆の思い

有料記事東京ヤクルトスワローズ

藤田絢子
[PR]

 「次は56号を打ちたい」

 驚異的なペースで本塁打を量産する東京ヤクルトスワローズ村上宗隆は、シーズン55号を放ったすぐ後にこう言った。

 それは、ある人物との約束でもあった。

 2018年、宮崎・西都での2軍春季キャンプ。村上は、キャンプ地を訪れた元ヤクルト監督の野村克也氏(故人)にあいさつする機会に恵まれた。

 そこで野村氏から言われた…

この記事は有料記事です。残り664文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。