京都でマンション高騰、中国客「予算4億円だ」 東京より高い伸び率

有料記事

堀之内健史 河原田慎一
[PR]

 京都市内のマンション価格が高騰している。国内外からの人気が根強いうえ、京都特有の事情も価格を押し上げる要因となっている。専門家は「平均的な所得の世帯ではなかなか手が出しにくくなっている」と指摘する。

 「京都駅前か四条でマンション1棟を買いたい。予算は4億円ほどだ」

 京都市で不動産会社「仁通」を営む劉丞社長のもとには、中国や香港などから1日4~5件、こんな問い合わせが来る。今年に入り、マンションの「1棟買い」を計6棟仲介し、価格は2億~5億円だった。劉社長は「コロナで落ち込んだ需要が8割は戻ったというのが実感だ」と話す。

 コロナが流行する前から、中国人の間で京都人気は根強かった。観光などで京都の歴史や文化に触れた後、一時滞在や投資用に不動産を買おうという人が多いという。劉社長によると、北京や上海などの中国の大都市と比べると、京都の不動産価格は割安とみられているといい「価格がまだまだ上がるならば、十分に『買い』とみられている」。現下の円安も購買意欲を後押しする。

国内富裕層のニーズも

 分譲マンションも人気だ。

記事の後半では、京都市内のマンションが高騰する理由や、高騰による若者の流出を防ぐための京都市の取り組みを紹介しています。

 マンション開発の大京(東京…

この記事は有料記事です。残り1340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    増谷文生
    (朝日新聞論説委員=教育)
    2022年9月19日13時11分 投稿
    【解説】

     5年ほど前、まだ大勢の外国人観光客が訪れていたころ、京都市で仕事をしていました。依然として観光客は戻っていないのにマンション高騰、という話は意外な気がしましたが、記事を読んで腑に落ちました。  意外に思う方も多いのですが、京都市は長く厳