二階氏、国葬反対派に「黙って見送ったらいい。議論すべきではない」

国葬自民

吉川真布
[PR]

 自民党二階俊博・元幹事長は16日、安倍晋三元首相の国葬について、「長年務めた総理が亡くなったのだから、黙って手を合わせて見送ってあげたらいい。こんなときに議論すべきじゃない」と述べた。報道各社の世論調査で賛否が割れるなか、反対派の姿勢に異論を唱えた。TBSのCS番組収録で語った。

 二階氏は「(国葬が)終わったら、反対していた人たちも必ずよかったと思うはず。日本人ならね」と述べた。また、立憲民主党の執行部が欠席する考えを示したことについては、「欠席しようがしまいが国葬に関係ない。世の中にあんまり賢くないなということを印象づけるだけだ。欠席する人は後々長く反省するだろう。選挙で取り戻すのは大変だ」と批判した。

 国葬をめぐっては、政府が野党側に事前に説明して理解を得るような動きをせず、閣議決定前に国会での審議がなかったことも問題視されている。この点について、二階氏は岸田文雄首相に対して「『国葬にしましょうよ』というみんなの声が上がってくるのを待ってやるというテクニックがあってもよかった」と言及。内閣支持率が下落傾向にあることについては「緊張して政局、政治運営にあたれという天の声だ。安全運転だけではダメだ」と注文をつけた。(吉川真布)

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年9月16日23時28分 投稿
    【視点】

    私はむかし二階俊博氏の番記者を複数回、担当してそれなりにみっちりと向き合ったことがあります。小泉政権のころです。まだ立場がそう強くはなかった当時の二階氏はとにかく計算ずくで、表での言動は慎重にふるまうことが多かったと記憶しています。しかし、

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年9月16日17時15分 投稿
    【視点】

    安倍元首相の国葬に賛成の立場から「議論すべきじゃない」という二階氏の発言は、先日に自民党の北海道議が反対する人に向け「黙ってろ」とツイートしたことに通じます。民主政治においてとりわけ重んじられるべき、公的な問題についての表現の自由に対する理