「中心にいる人気者」 メタノールで妻を殺害容疑、男の大学時代とは

有料記事

岩田恵実、増山祐史、遠藤美波
[PR]

 妻(当時40)に今年1月、メタノールを摂取させて殺害したとして、製薬大手「第一三共」社員、吉田佳右容疑者(40)=東京都大田区=が16日、警視庁に逮捕された。夫婦に何があったのか。2人を知る人たちは一様に驚きを隠さなかった。

 吉田容疑者は北海道大薬学部の卒業。「成績優秀で明るい人。殺人事件を起こすなんて想像もつかなかった」と大学時代を知る男性は言う。「いつも中心にいる人気者」で、同級生を誘って飲みに行く姿が印象に残っているという。

 薬学部では有機化合物を研究してメタノールは日常的に使っていたといい、「人体への危険性は基本中の基本として知っていたはず」と言う。「事件が事実なら人としても研究者としても許せない。今はただ、背景に何があったのか知りたい」と話した。

 吉田容疑者は現在、第一三共…

この記事は有料記事です。残り308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。