中国の高層ビルで大規模火災か 建物全体を覆う黒煙が立ち上る

南寧=奥寺淳、北京=高田正幸
【動画】黒煙に包まれる中国の42階建て高層ビル=中国のSNS投稿から
[PR]

 16日午後3時48分ごろ(日本時間同4時48分ごろ)、中国湖南省長沙市の42階建てビルで大規模な火災が起きた。SNSに投稿された動画によると、低層から高層階にかけて激しく火が回り、赤い炎と黒煙にビル全体が包まれた。地元当局によると、すでに鎮火し、初期的な調査では、死傷者はいないという。

 火災が起きたのは、長沙駅から東に約500メートルのところにある通信大手・中国電信の高層ビル。消防当局によると、高さ約218メートルで、地上42階、地下2階建て。36台の消防車が消火に当たった。

 動画によると、火災が発生した側のビル全体が真っ黒の煙と炎に覆われた。時折爆発音がし、上層階からビルの建材や内装の一部とみられるものが、燃えながら四方に飛び散っている。地上にあった車にも燃え移ったという。

 地元メディアによると、このビルには通信設備が置かれ、同省のネット回線の接続拠点にもなっていたという。ビルには約2千人が働いていたとの情報もある。多くの人が階段で数珠つなぎになり、下層階に向かって避難している様子の動画も投稿されている。

 火災発生当初、ビルの7~8階の外側にあったエアコンの室外機あたりが燃えていたとの報道もある。火災の後、長沙市では中国電信の通信に障害が発生しており、通話やデータ通信ができない地域があるという。

 火災当時の気温は34度と高く、湿度は28%程度と低かった。(南寧=奥寺淳、北京=高田正幸)