第35回2%に1千発、数字ばかりに走る議論 元自衛隊トップが鳴らす警鐘

有料記事

聞き手・牧野愛博
[PR]

 防衛省は8月31日、2023年度当初予算の概算要求を公表しました。要求額は過去最高の5兆5947億円です。折木良一元統合幕僚長は「数字ばかりに注目が集まり、本当に必要な議論が置き去りにされています」と語り、危機感をあらわにします。

 ――防衛省の概算要求をどうご覧になりましたか。

 「防衛力を5年以内に抜本的に強化する」とし、具体的にスタンド・オフ防衛能力、総合ミサイル防空能力、無人アセット防衛能力、領域横断作戦能力、指揮統制・情報関連機能、機動展開能力、持続性・強靱(きょうじん)性などに必要な取り組み――の7項目を挙げました。防衛力を強化する方向性は明確になりました。

数字に走り過ぎる議論

 ただ、議論が数字に走り過ぎ…

この記事は有料記事です。残り2349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載読み解く 世界の安保危機(全50回)

この連載の一覧を見る