ベッカムさんも英女王に弔問 12時間以上並び、8秒のお別れ

有料記事エリザベス女王

ロンドン=金成隆一
[PR]

 サッカー元イングランド代表のデビッド・ベッカムさんが16日、ロンドン市内のウェストミンスター宮殿にエリザベス英女王の弔問に訪れた。市民と一緒に行列に12時間以上、並んだという。

 ベッカムさんは、ハンチング帽にスーツ、ネクタイ姿。棺(ひつぎ)が安置されているウェストミンスター宮殿の大広間では帽子をとり、行列に合わせて一歩ずつ進み、自分の番が来ると、棺に向き合って数秒ほど静止。それから両目を閉じて、小さくおじぎした。全部で8秒ほどだった。

 屋外で並んでいる時に英メディアの取材に応じたベッカムさんは「私たちはみんなここにいたいのです。女王の素晴らしい人生を祝福する何かを経験したい。今日のようなことはみんなでシェア(共有)するものだと思います」と話した。さらに「だから私たちはここで(お菓子の)プリングルズやシャーベットレモンを食べている。サンドイッチやドーナツを食べたり、コーヒーを飲んだりしているんです」とも笑顔で語った。

 記者から「どのぐらい並んで…

この記事は有料記事です。残り417文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!