台風14号「過去に類似ないほど危険」 1日かけて九州移動する恐れ

有料記事

宮野拓也
[PR]

 気象庁の予想をも上回るペースだった。3連休中の日本列島に迫る台風14号は、16日夕からの一晩で急発達し、大型で「猛烈」になった。「このまま薩摩半島に上陸すると、過去に類似する台風がないくらい危険な台風になる」。九州地方に近づく中、17日午前に会見を開いた気象庁の黒良(くろら)龍太予報課長は強い危機感をにじませた。

 前日の16日午後6時時点の中心気圧は945ヘクトパスカル。その時点でも厳重な警戒を呼びかけていたが、17日午前3時に910ヘクトパスカルまで発達した。気象庁は「見込みより勢力を強めて上陸、接近する可能性が出てきた。海水温が高いなど発達を阻害する要因がなかった」と分析する。

 この結果、鹿児島県では17日にも台風を要因とする特別警報が出る可能性が出てきた。台風による特別警報が出る基準は、中心気圧が930ヘクトパスカル以下、または最大風速が50メートル以上。一つでも基準を満たせば特別警報が出るが、17日午後1時現在も中心気圧は910ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は55メートル。すでにその基準をともに超えている。台風による特別警報が沖縄地方以外に出れば、運用が始まった2013年以来、初めてとなる。

予報課長「九州にとって最悪コースの可能性」

 5千人以上の死者・行方不明…

この記事は有料記事です。残り970文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!