札幌で部屋に呼ばれたオリックス福田周平 2軍行きに添えられた言葉

[PR]

 (9月18日、プロ野球 オリックス・バファローズ2―0福岡ソフトバンクホークス)

 打席から感じとれたのは執念だ。短く持っていたバットを、さらに指一本分、短く持った。

 三回2死三塁。この日1軍に昇格したオリックスの福田周平が、カウント2―2と追い込まれた。マウンド上の相手先発は、今季チームが0勝2敗と苦戦していたソフトバンクのエース千賀滉大。身長167センチの1番打者は、5球目のフォークをファウルでしのいだ。

 6球目。福田は、見逃せばボール球になりそうな外角低めのフォークにバットを伸ばした。「なんとか食らいついていこうと無我夢中で打った」。打球は、横っ跳びした二塁手のグラブの横を抜けた。先制の適時打に沸いたベンチや、観客とは対照的に、一塁上の福田は軽くうなずくだけだった。

 じくじたる思いがあったから…

この記事は有料記事です。残り648文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。