台風14号、猛烈な風を維持して列島縦断へ 陸上進み勢力は衰える

宮野拓也
[PR]

 大型の台風14号は19日、福岡県に再上陸後、進路を東寄りに変えながら進んだ。鹿児島県宮崎県に発表されていた特別警報は19日午前、相次いで警報などに切り替わった。だが引き続き猛烈な風を維持し、大雨となっている地域もある。19日から20日午前にかけ、九州北部、中国、四国、近畿、東海の各地方で線状降水帯が発生する可能性があり、気象庁は暴風、土砂災害、河川の増水などに厳重な警戒を呼びかけている。

 台風14号は19日午前11時時点で、山口市付近にあり、時速15キロの速さで北東に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートルで最大瞬間風速は45メートル。依然、大型で、このあと日本列島を縦断する。

 台風は当初、過去最強級で上陸するおそれがあった。18日夜に鹿児島市付近に上陸時点では中心気圧935ヘクトパスカルと、台風統計を取って以来でも5本の指に入る低さだった。台風の進路の東に当たる宮崎県では、東から吹く風が山地に当たって雨雲が発達し、記録的な雨になった。19日、24時間降水量西米良村で579・0ミリ、日之影町で515・0ミリを観測し、それぞれ観測史上最多を更新した。15日の降り始めからの雨量は宮崎県美郷町で985・0ミリで最も多く、同県えびの市が899・0ミリで続いた。

 ただその後、当初予想された海上ではなく、進路を東寄りに変え、陸上を北上したことで勢力が衰えた。予想より勢力が落ちた理由について、19日午前に記者会見した気象庁の黒良龍太予報課長は「台風は海上では湿った空気を吸って成長するが、陸上では吸い込みが弱まる」と話した。

 九州は通過したものの、19日は広島県山口県徳島県などでは大雨が続いている地域がある。午前11時現在、広島市佐伯区、徳島県上勝町、山口県岩国市など複数の地点で1時間に30ミリ前後の激しい雨が降っている。

 20日にかけて日本列島を縦断する台風14号。本体の雨雲だけでなく、台風周辺の発達した雨雲によって、西日本や東日本で猛烈な雨が降る恐れがある。影響の範囲は20日には北日本にも及ぶ可能性があり、警戒が必要だ。20日正午までに予想される24時間降水量は、多い所で東海400ミリ▽近畿、関東甲信300ミリ▽四国250ミリ▽中国、北陸、東北、北海道150ミリ▽九州北部100ミリ。(宮野拓也)