• アピタル

相次ぐ原因不明の小児肝炎 症状だけではわかりにくい「沈黙の臓器」

米田悠一郎
[PR]

 肝炎は、何らかの原因により肝臓に炎症が起き、肝臓の細胞が破壊されている状態だ。

 茨城県立こども病院の須磨崎亮(すまざきりょう)名誉院長によると、肝炎で代表的なのはA~E型の五つあるウイルス性肝炎だ。厚生労働省のホームページによると、中でもB型肝炎とC型肝炎の患者は国内に約49万人と推計されており、ウイルスに感染しているのに気づかない人も多くいるとみられている。おもに、血液を介して感染する。

 ほかにも、ウイルスなどから体を守ろうとする免疫が何らかの原因で過剰に反応し、自分の肝臓を攻撃する自己免疫性肝炎などがある。自己免疫性肝炎は国から難病に指定されている。

 いずれの肝炎でも全身の倦怠(けんたい)感や黄疸(おうだん)、食欲不振などの症状が出る。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、障害があっても、自覚症状が出にくい。そのため、症状が出たときにはすでに悪化している例も多い。

 肝炎が急激に悪化し、急性肝不全になると意識障害などが出て死に至ることもある。治療は時間との闘いになる。

 急性肝不全になった場合、意識障害をおこす有害物質を除くために血液を浄化する治療のほか、ウイルス性であれば抗ウイルス剤、自己免疫性であれば免疫の暴走を防ぐ免疫抑制剤を投与する。いずれも同時に行われる。治療に反応しない場合は、肝移植に至る。

 肝炎は成人の患者が多いが、子どもにも発症する。

 今春、欧米から世界保健機関(WHO)に対し、原因不明の小児肝炎の報告が相次いだ。その後、昨年10月~今年7月までの間に推定患者も含め、日本を含む35カ国から1010人の報告があった。このうち、肝移植に至るほど重症化した子どもは46人、亡くなった子どもは22人にのぼった。

 日本では毎年10~20人の子どもが、急性肝不全が原因で肝移植を受けているとみられている。

 英国の患者で多く検出されたアデノウイルスや、新型コロナとの関連が疑われているが原因はわかっていない。世界各地で調査が進む。

 日本小児科学会などは、原因不明の小児肝炎が急増した場合に備え、小児科医向けの相談窓口設置などの準備を進めている。須磨崎名誉院長は「肝炎かどうかは症状だけでは見分けづらいので、普段と様子が違ったら小児科医にすぐ相談してほしい」と話している。(米田悠一郎)