詐欺防いでくり 栗せんべい配布 鰍沢署

池田拓哉
[PR]

 いっこうになくならない特殊詐欺。卑劣な犯罪を防ぐ「新たな一手」になるのか!? 買い物客らが行き交う山梨県富士川町内の商業施設で、同県警鰍沢署員が20日に配った「ある物」とは……。

 鰍沢署管内でも、息子や役所の職員をかたって現金の振り込みなどを求める詐欺電話が後を絶たない。そこで、この日に配られたのは富士川町内にある菓子店「松月堂」の銘菓・栗せんべい。パッケージには、地元の小学生たちが考えた啓発メッセージ「そっくり注意!!」「その電話ちょっとまってくり!」と栗のイラストをあしらった。

 栗せんべいの「栗」と、「そっくり」の「くり」、「まってくり」の「くり」。詐欺被害をなくそうと、だじゃれも武器にした。「不審な電話には、くりぐりも(くれぐれも)気をつけていただきたい」。担当の刑事生活安全課長も真顔で呼びかけていた。(池田拓哉)