ジャンボフェリーが運賃改定、ネット割引も 新造船導入で10月から

福家司
[PR]

 【香川】ジャンボフェリー(神戸市)は神戸―高松航路に10月22日、新造船「あおい」を就航させる。これに合わせて「ネット割引」を導入し、同日から中学生の運賃を大幅値下げするなどの運賃改定を実施する。

 新たな旅客運賃は神戸―高松間、神戸―小豆島間を統一し、ネットで予約購入してQRチケットで乗船する「ネット割引」なら、中学生は半額近くの950円になる。大人も「ネット割引」に限り100円安い1890円とする。一方、往復は小学生の一部と中学生を除き値上げとなる。

 乗用車料金(運転者の通常運賃を含む)も普通車を1千円、軽自動車を500円それぞれ引き下げて、いずれも4990円とする(別途燃油サーチャージが必要)。同乗者割引は廃止する。

 「あおい」に新設されるプレミア席の料金も発表。通常期の料金は、横になれるのびのび席(1席)500円▽コンフォート・リクライニング席(同)1500円▽コンパートメント(2~3人)1室5千円など。最も豪華なのびのびバルコニー個室(2~6人)は1室8千円となっている。

 就航日以降のネット予約の受け付けは9月20日から開始。ジャンボフェリーの担当者は、中学生の値下げについて「神戸から小豆島観光の家族旅行客を増やしたい」と話している。(福家司)