第2回大雨で落ちた「赤い鉄橋」 絶望から1年半、保線担当が見た光景

有料記事

井手さゆり
【動画】今日も「赤い鉄橋」を電車が渡る=井手さゆり撮影
[PR]

上田電鉄別所線

 台風19号がもたらした前日の大雨は上がっていた。2019年10月13日。上田電鉄長野県上田市)の保線担当の市村謙人さん(33)は、別所線の台風被害の点検に備えて、朝から下之郷駅に隣接する本社に詰めていた。

 午前8時過ぎ。携帯電話が鳴った。

 「落ちました」

 「橋台流されました」

 市の中心部を横切るように流れる千曲川に架かる千曲川橋梁(きょうりょう)を上田駅側から見守っていた社員から、写真とメッセージが続けざまに届いた。10人ほどがいた社内は騒然となった。

接続絶たれた別所線「価値がなくなる」

 全線の点検が一段落した昼ご…

この記事は有料記事です。残り1326文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!