「小さな声にも耳を傾け…」岸田首相、国連演説でも「聞く力」強調

岸田政権ウクライナ情勢

ニューヨーク=西村圭史
[PR]

 国連総会出席のためニューヨークを訪問中の岸田文雄首相は20日夜(日本時間21日午前)、国連本部で一般討論演説した。ロシアのウクライナ侵略を強く批判し、法の支配に基づく国際秩序の徹底が必要だと訴えた。

 首相は、ウクライナ侵攻への対応で機能不全と指摘されている安全保障理事会の改革が必要だとし、改革に向けた決議案の作成に向けて「文言ベースの交渉を開始する時期だ」と主張した。来年1月から安保理非常任理事国になる日本は、大国だけでなく「小さな声にも真摯(しんし)に耳を傾けながら、国際社会における法の支配を強化するべく行動する」とも表明した。

 首相は「人間の安全保障」の重要性も指摘。食料安全保障や情報通信分野での国際標準・規格作りを通じて人々が質の高い生活を享受できる取り組みを進めるため、日本が「開発協力大綱」を改定すると表明した。(ニューヨーク=西村圭史)

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年9月21日23時53分 投稿
    【視点】

    この記事に出てくる「法の支配」という言葉、国内と国際社会では意味が違います。国内においては基本的人権を守るために権力は縛られるべきという考え方で、そのルールが憲法という形を取ることから立憲主義とも呼ばれます。一方で国際社会には世界政府もそれ