「ハガミごっつあんです」力士に頼まれたらアゴかます?シカかます?

有料記事

抜井規泰
[PR]

 「えびすこが強い」「そっぷ」。前回、そういった角界の用語を紹介した。

 力士から「ハガミ、ごっつあんです」と言われたら、どうしましょう。相撲隠語の続編です。

    ◇

【ヒタチ】

 実在の人物の名前が隠語となるケースも多い。

 ある日、出羽海一門のある親方が怒気を込めて「あのヒタチが!」と漏らした。語源は常陸潟(ひたちがた)。明治期の力士のしこ名で、ほら吹きとか、自分ばかり目立とうとする人を指す。常陸潟本人も、まさか1世紀後に自分の名前が相撲隠語で残るとは、思ってもいなかったろう。

    ◇

【ハーちゃん】

 「こいつはハーちゃんですが、よろしくお願いします」なんて言葉は、先輩が関係先に後輩を紹介する際に便利かもしれない。ある親方に、「愛嬌(あいきょう)があるが、まだ半人前」と言われる娘がいた。名前が「春子」。その後、「ミーちゃん」と併記され、「ミーちゃんハーちゃん」から「ミーハー」が生まれたという説もある。

    ◇

 【貧乏神】【家賃が高い】【おっつける】【胸を出す】【オコメ】

 親方衆から聞いた隠語を並べ…

この記事は有料記事です。残り560文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!