エネオス元会長、突然辞任の理由は性暴力 沖縄の高級クラブで

有料記事

今泉奏
[PR]

 石油元売り最大手のENEOS(エネオス)ホールディングス(HD)は21日、会長・グループCEOを務めていた杉森務氏(66)の辞任理由について、性暴力だったと明らかにした。高級クラブでホステスの女性に暴行し、ケガをさせていたという。週刊新潮電子版が報じ、エネオスHDも認めた。杉森氏も事実関係を認めているという。

 同社によると、杉森氏は7月1日夜、出張先の那覇市で地元の石油販売会社幹部らと高級クラブを訪れた。週刊新潮によると、酒に酔った状態でホステスの体を触り、キスを強要。服を無理やり脱がせ、胸の骨を折るなど全治2週間のけがを負わせたという。

 エネオスHDは7月中旬、女…

この記事は有料記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。