引退決断の能見篤史が最後に明かす 自分と重なる「期待の投手」

有料記事

室田賢
[PR]

スポーツ好奇心

 「投手・能見」にはきっぱりと区切りをつけたという顔だった。

 16日にあったオリックス能見篤史投手兼任コーチ(43)の引退会見。「本当に悔いなくというか、18年という長い現役生活でしたけど、やりきった」。自分が納得できるまで投げ抜いたという実感がこもっていた。

 決断の理由を問われると、こう語った。

 「自分が投げるよりもいろいろ選手を見させてもらい、試合の中で成長していく姿が非常にうれしかった。その時点で選手としての自分の気持ちは薄れていた」

 阪神で16年間プレーした後、2020年オフにオリックスに移籍。新天地では「兼任コーチ」の肩書がついた。投手陣と同じ練習をこなしながら、選手と同じ目線でアドバイスを送ってきた。

 加入前まで2年連続最下位だったチームが、昨季は25年ぶりのパ・リーグ制覇。今季も連覇の可能性がある。「僕は特別なことはしていない。選手たちの実力が発揮できるようになってきたので、たまたま僕が寄り添う形でそこにいた」

 少し口調が変わったのは、会見後の囲み取材に入ってからだった。

 これまでは、コーチとして期待する選手を聞かれても、特定の名前を挙げるのを避けてきた。

 「言っていいのかな」と考え…

この記事は有料記事です。残り851文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント