スープ作家・有賀薫さんがいとおしく思う 湯気の向こうのだんらん

有料記事

記事の後半でレシピをご覧いただけます

[PR]

 スープ作家の有賀薫さん(58)は東京でにぎやかな家に育ちました。父方の祖母と父の兄弟の家族、合わせて6世帯で、一つの敷地に住んでいました。

 それぞれの家を行き来して、いとこやおじおばたちと食卓を囲み、お彼岸にはおばが作ってくれたおはぎが届きました。日曜日の朝には、祖母の部屋に行き、おしゃべりをすることもありました。そんな時、祖母はお茶と一緒にお菓子や漬物を出してくれました。有賀さんは「ゆったりした時間が流れる家でした」と振り返ります。

 毎週1度、水曜日に父の幼なじみのお豆腐屋さんが、たくさんの豆腐を配達に来ます。それぞれの家で分けて、湯豆腐、夏は冷ややっこと味わいました。

 会社員だった父は、同僚らを…

この記事は有料記事です。残り1057文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!