• アピタル

「科学界のアカデミー賞」に筑波大の柳沢教授 睡眠の仕組み解明

村山知博
[PR]

 米グーグルの創業者らが出資する財団主催の「ブレークスルー賞」が22日発表され、生命科学分野に筑波大柳沢正史教授(62)が選ばれた。

 ブレークスルー賞は2012年に創設され、「科学界のアカデミー賞」とも称される。賞金は世界最高峰の300万ドル(4億3500万円)。

 柳沢さんは米テキサス大にいた1998年、目が覚めている状態を保つ脳内のたんぱく質「オレキシン」を発見。睡眠のメカニズムの一端を解明し、睡眠障害の治療に道を開いたことが評価され、米国の研究者と共同受賞した。

 柳沢さんは朝日新聞の取材に「若いころテキサス大で研究室を持つことができ、精神的に自由な状態で研究に専念できたことが成果につながった」と話している。(村山知博)