再調査委員会、市長「11月スタート目指す」 旭川いじめ問題

有料記事

三木一哉
[PR]

 北海道旭川市の中学2年広瀬爽彩(さあや)さん(当時14)がいじめを受け、昨年3月に凍死体で見つかった問題で、今津寛介市長は22日、市長直属の再調査委員会を11月にも設置する方針を示した。市議会本会議で明らかにした。近く市議会に条例改正案と補正予算案を提案するという。

 市議会は、市教育委員会が諮問した第三者委員会の調査報告書と遺族側の所見書の公表に加え、今津市長が再調査の方針を表明したことを受け、この問題について同日、各会派の6人が質問に立った。

 再調査委について、市側は本…

この記事は有料記事です。残り387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!