「痛み分かってほしかった」と手話で訴え 強制不妊訴訟で請求棄却

有料記事

安井健悟
[PR]

 旧優生保護法の下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、聴覚障害がある大阪府の70代の夫妻が国に計2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は22日、原告側の請求を棄却した。横田典子裁判長は旧法を違憲とし、手術から20年で賠償請求権が消える「除斥期間」の適用も一時的に制限されると認めたが、夫妻はその制限期間を過ぎてから提訴したとし、訴えを退けた。

 原告は、生後間もない高熱で耳が聞こえなくなった妻と、生まれつき聴覚障害がある夫。妻は1974年、医師らの説明がないまま不妊手術を受け、新たに子どもを産み育てることができなくなった。

 判決は、旧法について「特定の障害や疾患を有する者を一律に不良と評価し、子孫の出生を制限しようとした。非人道的かつ差別的だ」と批判し、自己決定権を保障した憲法13条や法の下の平等を定めた14条に違反し、国に国家賠償の責任があると認定した。

 その上で、夫妻に除斥期間が…

この記事は有料記事です。残り836文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!