「日銀との矛盾」問われた財務相、「急速な円安望ましくないは共有」

有料記事

[PR]

 急激な円安が進んだことで、24年ぶりにドル売り円買いの為替介入に踏み切った政府。鈴木俊一財務相と神田真人財務官は22日夕、そろって財務省での記者会見に臨み「投機による過度な変動は見過ごせない」と強調した。主なやりとりは次の通り。

 鈴木大臣「為替市場では投機的な動きを背景に、急速で一方的な動きが見られる。為替相場は市場で決定されるのが原則だが、投機による過度な変動が繰り返されることは見過ごせない。このような考え方から本日、為替介入を実施した。引き続き高い緊張感を持って注視し、必要な対応を取りたい」

 ――今回は日本による単独介入か。

 鈴木大臣「関係通貨当局とは、連絡を常に取り合っている。各国の反応は相手のあることなのでコメントは控えたい。G7(主要7カ国)では、日本の立場、問題意識は常に言っている」

 ――どの時点で介入したのか。使った資金は。

 鈴木大臣「タイミングについ…

この記事は有料記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!